So-net無料ブログ作成

アマチュア無線 Jクラスタの存在意味 [アマチュア無線]

JE7JCXです。

Jクラスタの意味を外部の人間が考えてみることは、本来道理から外れていると思いますが、そろそろその存在意味を考えてみる時期に来ているようなので書いてみます。

Jクラスタの管理人曰く、 どの周波数で何処と何処がつながったという電波伝搬状態をネットでアクセスしている皆さんが、わかるように開設した と認識しています。

であれば、普段異常なくつながる周波数帯の書き込みは必要ないのでは?という気がします。
例えば、7MHzで国内は昼夜問わず全国何処でもつながると思っています。
そうなのであれば、Eスポやダクト、山岳回折、流星反射、その他の異常伝搬が考えられる周波数帯だけに絞って書き込み出来るようにすれば良いような気がします。。。

管理人の思惑通りの使い方では無くて、今は普通につながる周波数帯でも何処が出ている、何処と交信出来たといった情報が書かれていますが、それってなんか違うような気がするのは私だけでしょうか。
100歩ゆずっても14MHz帯や18MHz帯から上だけでも十分だと思いますが。。。
それでもJCC狙い、アワード狙いには、地域性が必要なのはわかる気がしますが。
(異常伝搬には地域もついて回るのはもちろん理解はしていますが。)

最終的には
・異常伝搬の掲示板→異常な伝搬でつながったと判断するのはもちろん交信した当の本人ですが。
・ここで運用しているといった告知掲示板 の二つに分かれるのが良いような気がします。

今のJクラスタの開発掲示板の内容が建設的ではない書き込みを見て感じたことを書きました。
そもそもクラスタって名称も変えた方が良いですよね。
クラスタって「群れや集合体」って意味でしょ。
名前がわかりにくいのも書き込み側からすれば目的意図が明確で無くなる要因にもつながる。。。
ちなみに、私は開発掲示板は見ていますがクラスタの書き込み自体見ません。
他の局が交信出来たから自分に出来るとは限らないし、珍しい地域等が出ているかどうかはワッチすれば判ることだと思いますし。PskRepoterとかの方が遙かに便利です。
意見指摘等ありましたらコメントをどうぞ。。。






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0